HOME>注目記事>必要な原状回復工事などを想定するのは大切です

想定をする

私服の男性

オフィス移転をする時は、どのくらい費用がかかるかを事前に想定するのが大切です。必要なコストは、契約面積や人数にも左右されます。こうしたデータをもとに、オフィス移転のコストはある程度概算できます。オフィス移転はまとまった支出となります。事前に総額のイメージを上手く持つのが大切です。現在のオフィスを退去する際には、原状回復工事が必要となり、そのためのコストを考える必要があります。オフィスの契約をする時は、退去時に原状回復義務があることがほとんどです。オフィス移転をする時は、経年劣化も原状回復義務に含まれます。そのためどんなに綺麗に使用しても、入居時の状態まで原状回復する必要が生じます。

坪あたりの単価

女性

原状回復費用は一坪あたり3万円から5万円ぐらいが一般的です。ビルの規模にもよっても、坪単価は異なります。大きなビルだと、一坪5万から8万円ぐらいかかることもあります。原状回復費用は早めに確認するのが大切です。原状回復のための工事を依頼する会社は、指定されていることが多いです。ビルオーナーや管理会社が指定した会社にする必要があるなどの確認は大切です。オフィス移転する時は新しいオフィスを見つけます。その賃貸契約にかかるコストを考える必要もあります。

新しい場所に移転する時

オフィス

新しいオフィスに移転する時は、敷金や礼金もかかることもあります。あらかじめ支払いする前家賃なども必要となりますし、火災保険料や保証委託料、仲介手数料なども必要となります。オフィス移転を考える時は総費用を意識する必要があります。オフィス用品を移動させるためのコストを想定するのも大切です。オフィス移転をスムーズに行うには、事前に必要なコストの想定の仕方を考える必要があります。坪単価や前家賃の額などの確認は大切です。

広告募集中